発泡スチロールは環境に優しい

地球に優しいの?

Q: 地球温暖化など環境に対する関心が高まっているけど… 発泡スチロールって、地球にやさしいの?

1 リサイクル; 2 省資源

マテリアルリサイクルでプラスチック製品に再商品化したり、発泡スチロールとして再利用もしています。回収された発泡スチロールの80%以上がリサイクルされています。

発泡スチロール製品は98%が空気で、原料はわずか2%しか使われていません。

3 CO2削減; 4 環境配慮

発泡スチロールは断熱性に優れ、建築用の断熱材としても使われています。省エネルギー効果を発揮することでCO2削減にも貢献しています。

発泡スチロールは燃やしてもダイオキシンを発生させません。単独燃焼時に発生するのは炭酸ガスと水です。黒煙はスス(炭素)です。また、オゾン層に影響を与えるフロンは一切使用していません。

A: 発泡スチロールは、環境に優しいエコ素材です。

石山の とりくみ

エコロジー対策 製品作りにおいて、安心と安全とコストダウンを実現した 「トータルパッケージングシステム」。 無理・無駄を省いたシステムは、環境問題を改善し、リサイクル化を考え、 省力化・合理化を進めたイシヤマ独自のシステム開発です。 また、HACCPに対応しあらゆる商品の企画開発に取り組んでおります。 スタッフ全員でよりよい製品を提案しお客様のニーズに応えています。

リサイクル活動 弊社は発泡スチロール協会(JEPSA)に加盟し、 使用済み発泡スチロールの再資源化活動に取り組んでいます。 JEPSA会員が運営するリサイクル拠点を「エプシー・プラザ」といい、 弊社は発泡スチロールの中間処理業の許可を取得し、 皆様のリサイクルを支援しています。

リサイクルについて

発泡スチロールのリサイクル

発泡スチロールのリサイクルには現在3つの方法があり、プラスチック製品や熱エネルギーなど、様々なかたちで再び私たちの生活の中で役立っています。

3つのリサイクル

  • マテリアル リサイクル

    建材・土木:
    高い保温効果や軽量性を生かして粉砕品などを再利用。

    再生発泡スチロール:
    家電製品等の包装材として再利用する完全循環型リサイクル。

    再商品化:
    ビデオカセットや文具、合成木材などプラスチック製品に再商品化。

  • ケミカル リサイクル

    高炉還元:
    高炉で鉄を作る際、コークスの代用として利用。

    油化:
    化学工場などの原料や燃料として利用。

    ガス化:
    化学工場などの原料や燃料として利用。

    コークス炉化学原料化:
    コークスと化学原料を作るために利用。

  • サーマル リサイクル

    固形燃料(RDF・RPF):
    熱エネルギーとして発電などに利用。発泡スチロールの成型時の熱源として再利用。

    発泡スチロールは、元々石油から生成されているため、重油並みの発熱量を持ち、熱エネルギーとしての活用にも有効。

    発泡スチロールは、元々石油から生成されているため、重油並みの発熱量を持ち、熱エネルギーとしての活用にも有効。

    発泡スチロール 9,600kcal/kg
    3,800kcal/kg
    木材 4,500kcal/kg