発泡スチロールとは

発泡スチロールができるまで

発泡スチロール(EPS)の原料は、中に発泡剤が入った直径1mm程度のポリスチレンの粒(ビーズ)です。この原料ビーズを蒸気(スチーム)で加熱し、50倍※に膨らませて作ります。
50倍の発泡体のため製品全体(体積)の98%が空気でできており、石油製品の原料ビーズは、わずか2%しか使われていません。省資源性に大変優れた製品と言えます。

※50倍以外の倍率も可能です。

EPS製品が出来るまで

原料ビーズ

発泡剤となるガスが入ってる原料ビーズに蒸気をあてると、ガスが膨張し、原料ビーズが膨らみます。

発泡ビーズ

膨らんだ原料は、元の原料ビーズの約50倍に発泡し、大量の空気を含んだ「発泡ビーズ」となります。

発泡スチロール成型品

発泡ビーズを金型に入れ、もう一度蒸気をかけることでさらに膨らんだビーズ同士が熱でくっつき金型どおりの形になった製品となります。

原料は、たったの2% 発泡スチロール製品の 98%は空気です。

出典:JEPSA 発泡スチロール協会

発泡スチロールの特長

Q: 容器や板材などをよくお店で見かけるけど… 発泡スチロールって、どんな特長があるの?

1 断熱性; 2 緩衝性

空気をたくさん含んでいるから保温・保冷性が抜群!新鮮さを保ちます。(保温・保冷剤を一緒に入れて使用して下さい)

クッション性が高いので輸送時の梱包材・緩衝材に最適。衝撃から中身を守ります。

鮮度が重要な野菜や魚の運搬、 住宅の断熱材などに利用されています。家電製品の梱包、トラックの荷室での 緩衝材として利用されています。

3 耐水性; 4 軽量

濡れても強度が変わりません。また、独立気泡が水や湿気の侵入を防ぎます。(水をたっぷり入れてのご使用は水漏れの恐れがあります)

98%が空気なので非常に軽く、郵送や持ち運びに最適です。

魚市場では氷を入れたり 何段も積み重ねたりして 利用されています。一般的なクーラーボックスに比べて 自重が非常に軽く、老若男女を問わず 楽にお取り扱い頂けます。

A: 発泡スチロール商品は、優れた特性を持つ機能商品です。

株式会社石山は全国ネットで優れた発泡スチロール商品を供給しています。 発泡スチロールのことは株式会社石山にお任せ下さい。